司祭メッセージ
教会案内
ミサと講座
教会の聖人と沿革
今月のお知らせ
資料室
アクセス
行事写真(教会員専用)
サイトについてリンク
『諸聖人を祝い、亡くなられた方のために祈りましょう』
ラファエル 松本武三 神父
 バザー、好天に恵まれ多忙な中、互いに奉仕しあって、喜びのひと時を過ごすことが出来、感謝。 本当にご苦労さまでした。バザーが終ると、はや11月。王であるキリストの祭日を祝って、典礼暦の 一年が終ります。

 皆さん、神さまからいただいた一年の時に感謝し、新しい恵みの年を迎えられるよう、霊名の聖人 に感謝し、甲子園の守護聖人、フランシスコ・吉に感謝し、すべての聖人に感謝し、祈りましょう。
 私たちの神さまはインマヌエル、私たちとともにいてくださる父なる愛の神さまです。この一年の私たち の歩みとともにいてくださり、導いてくださったことをこころから感謝いたしましょう。
 教会は、1日にすべての聖人に感謝の祈りを捧げ、2日は亡くなったすべての死者の祈り、甲子園 教会は、4日にミサの後、甲山の霊園に行き、亡くなられた方々のために祈ります。

 下の絵は、Roger.Weydenという画家の最後の審判の絵です。フランスのボーヌという町の元ホスピス 病院の壁に描かれている大きな絵です。この病院はとても古い病院で、ごく最近まで開かれていました。 ボーヌはワインの有名な産地で、ワイン祭りで観光でも有名な町です。すぐ近くに、トラピストの母院、 シトー修道院があります。旅で出会ったこの絵を懐かしく思い出します。
 中央に栄光のキリストが虹の上に座り、天使ミカエルが天秤を持ち、裸の人間を天秤に乗せ計っています。 左側は天国の門、右は地獄の門。地面から、裸の人間がモグラのように這い出て天秤に乗せられています。  真ん中は、マリアと洗礼者ヨハネを中心に、諸聖人が取次ぎの祈りをしています。
 「この最も小さな者の一人にしたのは、わたしにしてくれたこと」と言われた王であるキリストに、諸聖人 が、私たち一人ひとりのために、取次ぎの祈りを捧げてくださっています。

 皆さん、諸聖人にならい、ともに祈り合い、赦し合い、一年の導きに、感謝いたしましょう。
(フランス・ボーヌにある ロジャー・ウェイデンの最後の審判の絵)