司祭メッセージ
教会案内
ミサと講座
教会の聖人と沿革
今月のお知らせ
資料室
アクセス
行事写真(教会員専用)
サイトについてリンク
2018/04 甲子園教会に赴任して
ペトロ 梅原彰神父
私はこの度 甲子園教会と夙川教会の主任司祭に任命されました。
私は5月7日で満80才になります。
私は昭和27年に洗礼を受け大阪小神学校に入学し、大阪星光学院中・高を卒業した後 上智大学文学部哲学科、神学科で研修を受け26才で司祭に叙階され、今年3月20日に叙階53年を迎えました。
その間 香里教会、千里ニュータウン教会、司教館、香里教会、高槻教会、夙川教会で司牧宣教に励んで来ました。
人生は波瀾万丈と云いますが、私も健康的には恵まれず、20年程前胃癌の全摘をし、その3年半後 胃癌の転移による膵臓癌が発見されました。
医学書を読むと手術をしても5年生存率は10%以下と書かれ、私の人生もこれで終わりかと思いましたが、抗癌剤治療を4年間続け 10年間生き伸びました。
所が丸3年前、原発性の膵臓癌になり、阪大病院で10時間半の手術を受け、その後抗癌剤を飲み丸3年になります。
私は他に前立腺癌も発見され、ホルモン療法をしてもらっています。
このような体ではありますが、神さまはまだ私に生命を生きながらえさせてくださっています。
残された人生を出来る限り、微力ではありますが、感謝して司牧と宣教に励んでまいります。
司牧者として、十分なことはできませんが サック師・エリック師の協力を得て頑張ります。
どうか信者の皆さんも、それぞれ神様からいただいた賜物を生かして、キリストのみ旨を果たして行きましょう。