司祭メッセージ
教会案内
ミサと講座
教会の聖人と沿革
今月のお知らせ
資料室
アクセス
行事写真(教会員専用)
サイトについてリンク
10月はロザリオの月
ペトロ 梅原彰神父
 昔からキリスト者に愛され親しまれたロザリオが、衰退してきているのではないでしょうか。 ロザリオは持っているが、唱えるキリスト者が減少しつつあるように思えてなりません。 日本二十六聖人殉教者は、冬の寒い中、長崎へ絣(かすり)の着物を着て、口々にロザリオの祈りを唱えながら、西坂の丘までの殉教の旅を続けたのでした。
 私は大阪小神学校にいた時、毎晩1環のロザリオを神学生と一緒に唱えたことを懐かしく思い出します。 私の小教区の司祭はカナダ人のレデンプトール会修道者で、毎日3環のロザリオを散歩しながら唱えておられました。
 マリア様がルルドにご出現になった時、腕にはロザリオが掛けられていました。 ベルナデッタは同じようにロザリオを取り出し、一生懸命唱えました。彼女がロザリオを唱え終わると、不思議とその姿は消えていました。 聖母マリアは、ベルナデッタの前に18回お現れになり、ロザリオの祈りを唱えるよう望まれました。
 そのルルドにおいて多くの病人が癒され、世界的に有名な巡礼地となり、全世界から毎年500万人の巡礼者が集まります。 そしてシーズン中は毎晩、ろうそく行列が行われ、参加者一同、ロザリオの祈りを唱え、「アヴェ・アヴェ・アヴェ・マリア」の歌を各国の巡礼団全員が一緒に歌うのです。 その時は本当にキリスト者の一体感を感じ、感激します。
 ロザリオの祈りは個人的にも、また家族一緒に、また友人2〜3人と唱えることが勧められます。 大人も子どもも、歩きながらでも、バスを待っている時も、どこででもロザリオの祈りを唱えることができます。  一日の中でロザリオを唱えなかった時は、せめて寝ながら唱えてください。 1連唱え、寝てしまってもかまいません。後の4連は守護の天使が唱えてくれるという、昔からの言い伝えがあります。 ロザリオは自分の救霊のため、友人や身内のため、病人や亡くなった方々のためにも有効な素晴らしい行いです。 この10月はロザリオの月ですので、心して多くのロザリオの祈りをお捧げしましょう。