iՃbZ[W
ē
~Tƍu
̐lƉv
̂m点
ANZX
sʐ^ipj
TCgɂ‚N
01月03日『週報』より
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。
2020年は、新型コロナウイルスで終始した年でした。
聖週間と復活祭、その後に続く主日、司祭がたった一人でささげるミサと典礼、司祭になって初めての体験でした。
もちろん皆様にとっても。ミサのインターネット配信も心をよぎりましたが、やはり秘跡ではないとの思いが勝りました。
みんなが集まって祈るところに、何にも代えがたい価値があることを思い知らされました。
感染対策を万全に行って、感染拡大の中でも公開ミサ(会衆が集まるミサ)を続けようと決意しました。
変異型のウイルスも発見され、ますます状況は厳しくなっていますが、その想いは変わっていません。
皆さまの一層の協力をお願いしたいと思います。
2021年、すべての人がコロナ感染から守られ、経済が立て直されますように、そして皆様の上に神様からの祝福が豊かに注がれますように、心からお祈り申し上げます。
01月10日『週報』より
新成人の皆さんおめでとうございます。
  今年は、新型コロナウイルスの影響で、出身学校の式が中止になったり、行政が行う式典も縮小したり分散開催されるようです。
リモート配信になったところもあるようです。
一生に一度しかない成人式が、味気ないものにならないか心配です。
教会はがんばってお祝いをします。改めて、大人への門出に向けてエールを送りたいと思います。
成人したと言っても何かが劇的に変わるものではありません。
急に何かができるようになるわけでもありません。
それでも、あなたが大人になってくれたことに大きな意味があり、価値があるのです。
あなたの存在そのものがかけがえないのです。生まれてきてくれてありがとう。
生きていてくれてありがとう。
イエス様に代わって、ありがとうを教会から成人したあなたに贈ります。