iՃbZ[W
ē
~Tƍu
̐lƉv
̂m点
ANZX
sʐ^ipj
TCgɂ‚N
04月04日 B年 復活の主日
主の復活、おめでとうございます。
主、イエス・キリストは十字架に付けられた後、三日目に復活しました。 十字架の出来事の前、イエスと弟子たちのお別れの食事であった最後の晩餐が行われています。 ヨハネの福音書では、その食事の最中、イエスは弟子たちの足を洗われました。 そして、「あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない」(13:14)と言われました。 また、「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である」(15:12)と、愛の掟を弟子たちに与えた後、「友のために自分の命を 捨てること、これ以上に大きな愛はない」(15:13)と言った後、 「わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である」(15:14)と言われました。
イエスは、私たちの友となるために十字架の死を受け入れられたのです。十字架の死と復活の出来事を通じて、 ご自分の言葉を実現されました。そして、言葉の通り私たちの友となってくださったのです。
イエスはすべての人の友になる、それだけの理由で十字架の道を選ばれたのです。イエスの選びの故に、 父なる神は復活という栄光をイエスにお与えになられたのです。
04月11日 B年 復活節第2主日
復活節は聖霊降臨祭まで続く典礼季節であり、復活にまつわるさまざまな記述が朗読されてゆきます。 特に第一朗読は特別に使徒行録が継続的に朗読されてゆき、初代教会の生き生きとした活動とその発展が毎年、この時期に朗読されます。 教会は「いつの時代も初代教会」なのです。この精神はとても大切なことで、 「いつも復活した主キリストが私たちとともにいる」から「生き生きと活動できる」のだということを忘れてはならないと思います。
復活節を長く祝うのは、理由があると思います。イエスの復活の出来事は、イエスの墓が空であった事から始まり、弟子たちが復活したイエスと出会い、 イエスの復活を告げ知らせるようになるまでの時間幅のある出来事だからです。ですから、時間をかけてその体験を記念してゆくのです。