iՃbZ[W
ē
~Tƍu
̐lƉv
̂m点
ANZX
sʐ^ipj
TCgɂ‚N
1月2日『週報』より
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新しい年が始まりました。
今年は寅年、ぜひ甲子園の虎にも奮起を促したいところです。
そして、私はお酒を控えてトラにならないようにしなくてはなりません。
体は正直で、手術前に様々な形で危険信号を出していたに違いありません。
人には、正常化バイアスというのがあって、そのようなサインを私は大丈夫だと見過ごしてしまいがちです。
もっと早く気づくべきでした。
生活も仕事も見直していかなければならない時が来ました。
大胆に変えるべきところは変えたいと思います。
どうか、今年もよろしくお願いします。
主、イエスとともに歩んでまいりましょう。
1月9日『週報』より
ジャン・ペンケレシ神父様が天に帰られました。
主日のミサができないとき、決まって真っ先に電話するのが神父さんでした。
「いつですか?」、私「〇月〇日です」、「ええーと、はい、大丈夫です。行きます」と、二つ返事でOK してくださいました。
また、新しく作られた小冊子を必ずご自分で持ってこられて、丁寧に説明してくださいました。
いつも優しい目で見守ってくださる父のような神父様でした。
心から感謝申し上げます。
そして、イエス様の傍らで安らぐことができますように、お祈りいたします。
ペンケレシ神父様、本当にありがとうございました。
 
1月16日『週報』より
ちょうど二年前の今日、2020年1月16日に日本でも新型コロナウイルスに感染している人が判明し、その時からコロナに振り回される日々が始まりました。
ウイルスは変異を繰り返しながら、私たちの日常を大きく変えました。
今日も芦屋キリスト教協議会では、オンラインで会議をしましたが、コロナ以前には考えられなかったことでした。
コロナによって失ったもの、コロナによって得たもの、それらを評価しながら、第6波を乗り越えて行きましょう。