iՃbZ[W
ē
~Tƍu
̐lƉv
̂m点
ANZX
sʐ^ipj
TCgɂ‚N
今月のお知らせ
10月の予定表
              
3(日) 年間第27主日
ミサなし
10(日) 年間28主日
ミサなし
17(日) 年間29主日
ミサなし
24(日) 年間30主日
ミサ8時30分
お知らせ
●主任司祭より【公開ミサ再開について】(10/17) 
庫県の感染状況もずいぶん落ち着いてきました。予定通り、主日の公開ミサを10月24日(日)から再開します。 甲子園教会8:30から、芦屋教会10:30からです。お間違いのないように。会衆が唱えるところは先唱者が唱えます。 オルガン演奏は可能ですが、聖歌は歌いません。 ミサ後はなるべく会話せず静かに解散しましょう。引き続き、新型コロナ感染拡大を押さえるために、感染防止対策に努めましょう。
●ロザリオの祈り
10月はロザリオの月です。10月24日(日)、10月31日(日)8:30ミサのミサ前、8:00から聖堂にてロザリオを祈ります。(典礼委員会)
●献金受付期間延長
「すべてのいのちを守る月間」(9月1日~10月4日)の間、「すべてのいのちを守るための基金」のための特別献金をお願いしていましたが、 緊急事態宣言により公開ミサがなかったので、10月末まで受付を延長することになりました。ぜひご協力ください。(大阪教区事務局)
●シノドス開幕ミサ
教皇フランシスコは、2023年秋にシノドス(世界代表司教会議)開催を発表されました。 今回のテーマは、「ともに歩む教会のための -交わり、参加、そして宣教」です。バチカンでは、シノドス開幕を宣言する典礼行事が行われます。 それに合わせて、10月17日に世界中の教区でシノドス開幕を祝う典礼を行います。 大阪教区では、10月17日(日)12:00から大阪カテドラル聖マリア大聖堂で開幕ミサを行います。 参加は制限されますので、時間に合わせてお祈りください。(前田万葉大司教)
●典礼研修会
10月24日(日)14時から、非公開・ライブ配信で大阪教区典礼研修会が行われます。 今年は、来年待降節から大幅に変更される「新しいミサの式次第と第一~第四奉献文」(講師:嘉松宏樹神父・日本典礼委員会秘書、長崎教区司祭)です。 とても大切な内容ですので、典礼委員はもちろんのことできるだけたくさんの信徒の皆さんに参加していただきたいと思います。 視聴するには、https://www.youtube.com/watch?v=LTz6hxPY6VE へアクセスしてください。(大阪教区典礼委員会)
●死者の月・墓参について 
今年の墓参は、11月7日(日)に行います。 甲子園教会は、12:00甲山墓地集合(各自で移動)、墓参の祈り、現地解散です。(主任司祭)
●七五三のお祝い
11月14日(日)8:30ミサの中で、七五三の祝福をします。満7歳までの子どもが対象になっています。 祝福を希望される方は、11月7日(日)までに、信仰教育委員会までお申し出ください。(信仰教育委員会)
●「正義と平和全国集会」参加申込み受付期間延長
11月22日(月曜)・23日(火曜・祝日)の二日間、大阪教区にて行われる日本カトリック正義と平和全国集会、コロナ禍のため、 参加申し込み期間を11月10日(水)まで延長します。参加費無料。申し込み先:カトリック正義と平和全国集会・大阪大会事務局。申し込みはこちらへ → http://osaka.catholic.jp/no_side/jptaikai2021.html (正義と平和大阪大会実行委員長 松浦謙神父)
●平和旬間行事再度延期
10月に予定していました平和旬間の取り組み、「火垂るの墓」朗読劇は、主日ミサの公開中止園長にともなって再度延期します。 予定は、12月5日(日)芦屋教会、12月12日(日)甲子園教会、いずれもミサ後に行います。そのため今年の待降節黙想会は中止とします。(社会活動委員会・主任司祭)
●書籍整理に伴う配布 
司祭館に保存されていた膨大な書籍を皆様に有効に活用していただくために、「本をご自由にお取りくださいコーナー」を設置しました。 12月末まで行いますので、ご利用ください。(主任司祭・小教区評議会)
●芦屋、甲子園合同『週報』について
2020年6月7日より月報「吉報」に代わり芦屋と合同で週報を発行しています
教会員でメール配信をご希望の方は catholickoshien@gmail.com まで
件名に「メール配信希望」と書き、本文に氏名を明記の上でメールを送ってください