司祭メッセージ
教会案内
ミサと講座
教会の聖人と沿革
今月のお知らせ
資料室
アクセス
行事写真(教会員専用)
サイトについてリンク
ようこそ甲子園教会へ
カトリック甲子園教会のホームページを開いてくださり感謝します。
何かひとつでも、いいなあと思えることがあれば幸いに思います。
皆さまのうえに、神さまの祝福がありますように。
近くに来られましたら、お寄りください。
カトリック甲子園教会 主任司祭 
誰でも教会に行っていいのですか
どなたでもおいで下さい。
教会の門はいつも開かれています。
資格や条件はありません。
費用はかかりません。
日曜日には多くの信者が集っています。
できれば誰でも結構ですから、「初めてです」と声をかけて下さい。
ご案内致します。
平日に来られる方は前もってご連絡くださると幸いです。
車で来られる方の為に駐車場がありますが、駐車の際には教会事務室にお声をおかけ下さい。
カトリック教会とはなんですか
イエス・キリストを救い主と信じる世界のキリスト教徒は約20億人といわれています。
聖書の解釈やの多少の違いによってキリスト教はカトリック、プロテスタント、正教会に大別されますが、その内、約11億人がカトリック教徒です。
最高指導者は「バチカン」に住むローマ法王です。
教会では「教皇」と呼びます。
初代教皇はキリストの弟子、聖ペテロです。
現在の教皇はフランシスコ教皇で266代目となります。
教会は「教区」に分かれていて、教区の責任者は「司教」です。
日本には16教区あります。
各教区には普段みなさんが目にする教会(小教区)が多数あり、甲子園教会は大阪教区に属する教会です。
また各教会にはそれぞれのゆかりや目標にちなんだ聖人の名前が付いています。
甲子園教会はこの地甲子園で殉教者の一団に加えられた「聖フランシスコ吉(きち)」に捧げられています。(詳しくは聖人のページをご覧ください)
神父さまとはどういう方ですか
神父さまとは、教会の指導者、神の道を教える人です。
ミサや他の礼拝を司式するので「司祭」ともいわれます。
自分のすべてを神と教会にささげますので、カトリックの神父は結婚をしません。
それは、みなのお父さんになるためです。
通常、教会に隣接する「司祭館」に住んでいます。
ミサとはなんですか
ミサとはカトリック教会で行ういちばん大事な祈りです。
ミサは毎日行われています。
また、結婚式、葬儀などの大事な時にも行われます。
日曜日は「主日」と呼ばれ、信徒の務めとして参加するよう定められていますので、多くの信徒が集います。
(「ミサにあずかる」と呼んでいます。)
毎日早朝のミサにあずかる熱心な信者さんもいます。
ミサは、「キリストの最後の晩餐」に由来します。
ダ・ヴィンチの絵で有名なあのシーンです。
聖書には次のように記されています。
十字架の死を覚悟したイエスは、食事の途中、パンを手に取りぶどう酒の杯をかかげて、12人の弟子たちに言われました。
「これ(パン)は、あなたがたのために渡される私のからだである。
これ(ぶどう酒)は、私の血である。
私の記念としてこれを行いなさい。」
そのとき以来、教会はキリストの命令通りに最後の晩餐の式を繰り返してきました。
それによってキリストの死と復活を記念し、キリストに心を合わせるのです。
また、私たちは神のすべての恵みのために感謝をささげることにしています。
それで、ミサは「感謝の祭儀」とも呼ばれています。
ミサのあずかり方(ミサ時の所作など)についてはミサのページをご覧下さい。
祈りについて
神様に何を祈ればいいのでしょうか。
もちろん、困った時に祈るのは悪いことではありません。
でも、祈りは困った時だけのものではありません。
祈ることは、まず、「神に感謝する」ことです。
いただいたすべての恵みに、今ここにいることに、健康であることに、感謝して下さい。
また、祈ることは「神を賛美する」ことです。
自然に、こどもの素直さに、すべての美しいものの中に、神の知恵と偉大さを感じ取って、神を賛美して下さい。
さらに、祈ることは「神にゆるしを願う」ことです。
私たちはこれほどの恵みを受けたにもかかわらず、神を忘れ、自分勝手に振る舞います。
神にお詫びしましょう。
最後に、祈ることは、謙虚な気持ちで「神にお願いする」ことです。
あなたの悩みごとや必要なことを神のみ心におゆだねください。 
家の宗教が違いますが、どうしたらよいでしょうか
教会はキリスト教の教えが正しいと固く信じていますが、他の宗教の教えが全部間違っているとは思っていません。
教会は他の宗教の中にあるよいところを理解するよう努力しています。
教会は、それぞれが正しいと思う信仰に従う権利を尊重します。
家に違う宗教を信じる人がいれば、お互いの気持ちを尊重するようにすればよいのです。 
教会で結婚式を挙げたいのですが
「信者ではありませんが、教会で結婚式を挙げることはできますか?」そういう質問をよく受けます。
もちろん喜んでお二人の門出を祝福しお手伝い致します。
洗礼を受けていない方でも教会で結婚式はできます。
しかしその前に、カトリックにおける結婚のあり方について数回の結婚講座を受けていただく必要があります。
それにより神の祝福が得られるようにするためです。
まずはお二人で教会においで下さい。そして司祭にご相談ください。

(ドン・ボスコ社「はじめて教会へいらしたあなたに」より抜粋、引用を含みます)